ベルリン便り

続きを読む

いきいきプラス取材

ベルリン便り

ベルリンの理事からのベルリン便りです(^-^)

写真は理事の自宅近くに住むわんちゃん、ジャックラッセルテリアのビリーくん6歳です。

ご近所さんの女性にかわれており、彼女は3番めの飼い主とのこと。


どうやって3番めの飼い主になったのか?というのは、街の公共の場所にある掲示板で、「犬譲ります」というのをみて、連絡したそうです。

ベルリンではこの方法やインターネットを通じて犬を譲ってもらうというのはかなり人気のある方法らしく、ビリーも躾のための学校には特に入れず、自分で全部躾をしたそうです。


掲示板やネットでと聞くと何となく大丈夫かな?と思ってしまいますが、一般の人が犬の生態についてよく理解しており、譲渡文化の成熟しているベルリンならではなのかもしれません!

ペットが家族の一員のレベルからしっかりと社会の一員になっているのを痛感しますね、うちの子の幸せだけでなく社会に暮らす犬達を皆で見守り育てているイメージです。


ビリーの表情をみるととっても幸せで大切にされているのが伝わってきますね♬


成犬譲渡が日本でもより広まる事を願います!


続きを読む

理事とのMTG

続きを読む

みなと保健所でのしつけ教室の見学

続きを読む 0 コメント

5/26放映 NHK クローズアップ現代 ペットビジネスの闇①

続きを読む

GW 軽井沢の犬達のようす

続きを読む

事務局だより

続きを読む

日本橋倶楽部様での講演会

続きを読む

日本動物福祉協会様チャリティビンゴ

続きを読む

港区議会答弁のご紹介 なかまえ議員

続きを読む

港区区議会議員さまとの面談

続きを読む 0 コメント

准認定ファンドレイザー資格取得のご報告

続きを読む 0 コメント

東京都23区【第一種動物取扱い業登録簿】動物の販売を行う業者さんの情報

 

第一種動物取扱い業登録簿のうち23区内の事業所で動物の販売を行う業者のリストを手に入れました。

 以前から東京都心、23区ないにそもそもどれくらいのペットショップが存在するのかデータが欲しかったのですがやっと入手する事ができました。登録されている動物の種目は20

種目あります。( 犬、ネコ、ウサギ、げっ歯類、イタチ・フェレット、サル類、その他、インコ・オウム、フィンチ・カナリア、ハト、キジ・ニワトリ、水鳥、軟食鳥類、ワシ・タカ・フクロウ、その他、カメ、トカゲ、ヘビ、ワニ)

それらすべての動物を含めると23区内に業所=いわゆるペットショップの数は1127件あります(汗)

 

のうちプッチが対象としている犬・猫の生体販売を行っている事業所の数は上記の図の通りとなります。

トータル718件、

世田谷区がこんなに多いとは驚きました。

 

 

またPUCCIの所在地である港区も思ったより多くの数の事業所が存在しました。 

36店舗になります。

うち

プッチ視察済みのパピーオーダーシステムをとっている店舗は3店舗

 

・プチ視察済み普通の店舗は4店舗になります。

 

マスメディア、各団体さんの普及・啓蒙活動、SNSでの情報の拡散の影響もあるのか

視察をすると少しずつではありますがペットショップの経営のあり方も変わってきています。売ったら終わりというスタイルを変えているところや幼齢な仔犬はそもそも店舗には

展示しないというルールをもつペットショップが出てきました。

 

今後も最新の情報を皆様に提供できるようペットショップ視察も継続してまいります。

 

皆様におかれましては多頭展示販売の抱える課題について、どうぞ周りの方々にシェアしていただき、優良なビジネスを行う経営者さんを支援、応援していただけますよう。

また保護犬、保護猫という選択肢についても検討いただけますよう宜しくお願いします!

 

0 コメント

本年もよろしくお願い致します。

続きを読む

プッチ忘年会

続きを読む

入会キャンペーン修了

続きを読む

プッチ秋の入会キャンペーン

プッチ アイシングクッキー
プッチ アイシングクッキー
10月にはいり毎日
秋らしいよい気候の
日がつづいていますね!
ワンちゃんとのお散歩やお出かけがもっとも楽しい時期ではないでしょうか。 

現在プッチは2期目の後半に入り、
2016年1月から第3期目をスタートします。

活動も少しずつではありますが、成熟してきました。現在会員は約30名、年齢、性別、仕事も千差万別な方からご支援をいただいています。何より皆様殺処分をなくすため、蛇口を占める活動の大切さやアドボカシー活動の重要性に深く共感してくださっている方々です。
今回秋のキャンペーンと題して会員様を募集いたします(^-^)

プッチの理念に賛同いただける方は、
是非会員になることでプッチへの資金面でのご支援をよろしくお願いします( ^ω^ )
当会の場合、会費は主に活動に最低限必要な費用に使われ、人件費には使用されません。

キャンペーン期間は
⚫︎明日10月23日〜11月30日
⚫︎入会して頂いた方は来年2016年に開催する講演会に無料でご参加いただけます。
⚫︎また講演会ご参加の際に、プッチアイシングクッキーをプレゼントさせて頂きます!
こちらの🔗から入会手続きをお願いいたします🙏
クッキーのプレゼントは講演会に足を運んでいただける方のみにが対象になりますので何卒ご了承ください(^-^)

年会費は1口5000円になります。
目安としては月にコーヒー1杯分程の金額になります。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

お問い合わせはお気軽に下記まで↓


メールアドレス: puccijapan@gmail.com

電話: 080-6761-5093


ペットデイ 秋

続きを読む

Hawaiian Humane Society 訪問①

続きを読む 0 コメント

DOGSHIP Harbor様 パピークラスの見学

週末にDOGSHIP Harbor様 のパピークラスを取材させていただきました。

当日参加されていたワンちゃんは4頭のパピー達。

担当トレーナーさんは奥谷さん、

キャプテンの須﨑さんも同席されていました。

 WEB: dogship.com

続きを読む 0 コメント

最新③<犬の殺処分聞き取りデータ>

少し間が空いてしまいましたが、犬の殺処分に関する聞き取り調査の結果をお伝えします。先回の②に引き続き残りの関東地方と関西になります。

続きを読む 0 コメント

犬が迷子になると?(沖縄便り)

続きを読む 2 コメント

イラストを使ったパピーオーダーシステムの解説

パピーオーダーシステムについてとある家族のケースを事例にイラスト使って以下で解説をしています♪

この方法が広まれば無知な衝動買いや多頭展示販売は淘汰されていきます。

続きを読む 0 コメント

最新②<犬の殺処分聞き取りデータ>東北8県

続きを読む 0 コメント

組織体制の変更についてお知らせ

6月16日に開催された理事会において、代表理事の交代がございました。

新しい代表理事には平澤好宏氏をお迎えしました。

PUCCIの活動内容や活動体制には何も変わりはございません。

長年会社経営をされている新たな理事を迎え、PUCCIの活動やパピーオーダーシステムがより多くの方々に浸透していく一助になることと期待しております。

 

引き続きPUCCIをどうぞよろしくお願いいたします。

0 コメント

最新①<犬の殺処分数データの聞き取り結果>関東8県

自治体に電話による殺処分数のデータの聞き取りを行いました。

最近は1年で状況が大きく変わりますので、現状確認の一環として最新のデータを皆様にお届けできればと行いました。今回は関東が中心、マンパワーの関係で本来106自治体がありますが、県のみのデータ収集とし、引き続きご報告させていただきます。

今回お話させていただいた県は意識が高いところが多く、殆どの担当者の方が大変親切で殺処分を問題と捉えしっかり取り組まれている様子でした。ただ群馬県のみ人手が足りないのか担当部署の方が情報や仕組みを余り理解されていない印象でした。

2014年のデータがもらえたところもありますが、2箇所は2013年のものになります。

 

数字は以下のとおりになります。

自治体名

北海道*1

東京都

神奈川県*2

埼玉県*3

栃木県

群馬県

千葉県*4

茨城県*5

データ年度

2013

2013

2014

2014

2014

2014

2013

2014

生体名

うち仔犬

引き取り数

1214

707

11

508

1725

1426

951

2427

1468

返還数

373

304

 

253

709

274

355

435

146

譲渡数

672

297

 

210

522

738

218

1026

274

*収容所内死亡

 

 

 

41

 

 

 

 

 

殺処分数

166

76

 

487

411

515

959

1032

返還譲渡率

86.08%

85.01%

 

91.15%

71.00%

71.00%

60.26%

60.20%

28.61%

                   

*病気や老齢怪我により自然死した場合をいい、環境省の統計では殺処分数に入るとのことです。

 


 

               
                     


*1札幌、函館、旭川市は除く

*2横浜、川崎、相模原、横須賀、藤沢市は除く

*3さいたま、川越市を除く

*4千葉、柏、船橋市を除く

*5宇都宮、前橋市を除く

 

一番印象に残ったのは昨今犬も猫も殺処分ゼロを実現した神奈川県の職員の方のお話です。

このような状況に変わってきた要因をうかがったところ20年に続く地道な努力の結集と県民の皆さんの意識の高さだと思うとの事でした。20年前の担当職員さんが殺処分の現状を何とかせねばと決意し、民間のボランティアの方と協力をして地道に成果を上げてこられたそうです、その後も同じ部署の担当職員さんがその方の意思を引き継ぎ、継続して殺処分削減の努力を続けてきた。また神奈川県では県知事からも市民に向けて3つのお願い、(1、終生飼養の徹底 2、マイクロチップや名札など身元がわかるようにする3、成犬譲渡の薦め)をだしており、2014年からは県庁内敷地で保護犬の譲渡会も行っているとのことでした。

やはり、鍵はそこで働く人なんですよね。行政の仕事に就く人がどういう人間であるかにより状況は大きく変わっていくと思います。また活動を後押ししたり、知事を選ぶのは県民ですからやはり県民の価値観、人間性、意識が色濃く行政のあり方にあわられると思います。

東京都は犬の殺処分は減少していますが、猫の処分数は依然2013年度で1236匹です。

神奈川県民の方、行政の姿から学べる事が多くあるのではないでしょうか?

 

日本の首都であり、海外からの観光客も多い東京で未だにお金さえ払えば簡単に、誰でも犬が買えてしまうシステムをとる多頭展示販売型ショップが多く存在し、そこが動物園の様に賑わう状況が続いています。そのビジネススタイルを維持する為に産むだけに酷使れ道具でもこんなに酷使されないだろうという程ぼろぼろにされ葬られている沢山の親犬達の命があります。

本当にこれでよいのでしょうか?

私達1人1人が現状を変える鍵を握っています。


北海道も環境課の中に動物管理グループがあり、行政としてしっかりしている印象をうけました。

もともと土地が広い為各保健所で殺処分を行っていた歴史があり、所謂ガス室はもっていない

そうです。殺処分は現在も獣医師による投薬などで行っているとのことでした。

 

状況は各地域、自治体により千差万別です。まずはご自分の現在居住の地域、またご出身の地域のペットの状況がどのようなものか現状を知って頂き、どうすればよいか一緒に考えていただければと思います行政や政治の力はやはり大きいです、民間だけの努力では限界があります。

官民が共に協力し成果を確実に出していけるようPUCCIも引き続き努力を続けて参ります。


0 コメント

ベルリン便り

続きを読む

DOGSHIP Harbor様 パピークラス見学

続きを読む 0 コメント

【第1回講演会ご報告】ゲストDOGSHIP 須﨑 大さん

続きを読む 0 コメント

沖縄で生きる犬について②

ナカゾー
ナカゾー
続きを読む 0 コメント

沖縄で生きる犬について①

沖縄の犬達(放浪犬が沢山いる)
沖縄の犬達(放浪犬が沢山いる)
続きを読む 0 コメント

インターペット『ペット大国への道』

続きを読む 0 コメント

保護犬ポインター、トレーニング

続きを読む 0 コメント

ベルリン便り

続きを読む 0 コメント

アンケートの結果ご報告②

続きを読む 0 コメント

ベルリン便り

続きを読む 0 コメント

アンケート結果のご報告①

2月の半ばに不特定多数の方にアンケートをお願いしました。

トータルで126の方にご回答いただきました。お忙しい中ご協力をいただき心から感謝申し上げます。拡散などご資力をただいた皆様誠にありがとうございました

また応援のコメントも多数いただき大変感謝しております。

 

質問の内容は以下になります。

1、あなた、又は家族がペット(犬・は猫)を欲しくなった場合、どこで手に入れようと思いますか?

、今までペット(犬・又は猫)と暮らしたことはありますか?

Q2であると答えた方に質問です。そのペット(犬・又は猫)はどこから手に入れましたか?

Q2であると答えた方に質問です。今まで何頭(匹)の犬又は猫を飼育されましたか?(現在飼育している犬・又は猫を含めて)

、あなたはペット(犬・又は猫)をペットショップから購入する際、パピーオーダーシステムという方法があるのを知っていますか?(店頭に並ぶ生体を購入するのではなくオーダーする方法)

 

まず他の質問と比べ解り易い結果が出たのはQ5でした。

PUCCIにとって重要なポイントであるパピーオーダーシステムについて75.4%の方が知らないと回答しました。これから販売システムを変えていく上で大きな鍵となると考えられます。

知らないから活用しなかった、しかし知る事によりオーダー制を選ぶ人が増える可能性は大いにありますオーダー制を行っているペットショップは殆どのお店が1匹、多くて2匹の生体しかお店においていません。またその殆どが買手のきまった生体になります。また8週齢(生後56日)を採用していますので、オーダー制が広まれば8週齢の採用も加速していきます。逆を言えば8週齢を実現するには多頭展示という販売方法は無理であるといえます。

 

PUCCIは司法の力を大切に考えていますので法改正も行っていきたいですが、その前に消費者の方の行動や趣向、価値観が変わる事により、おのずと多頭展示販売が減っていく事を願っております(^^)

NPO法人PUCCI 第1回通常総会

続きを読む 0 コメント

ココゾーストーリー②

続きを読む 0 コメント

ベルリン&ヨーロッパ便り②

続きを読む 0 コメント

迷子犬ドララを捜して②

ドララ
ドララ
続きを読む 0 コメント

迷子犬ドララを捜して①

続きを読む 0 コメント

迷子犬ドララを捜して

保護犬 ココゾー
保護犬 ココゾー
続きを読む 0 コメント

事務的なご連絡です

会員の皆様、PUCCIをご支援、応援して頂いている皆様、事務的なご連絡です。

 

銀行口座、郵便口座が任意団体からNPO法人のものに変更しました。

以下になります。

 

銀行口座:三菱東京UFJ銀行 広尾支店 普通 0544440 トクヒ)プッチ

郵便口座:当座 586961 口座名:PUCCI プッチ 店名:019 

 

どうぞ宜しくお願いいたします。

PUCCI 代表 平澤

 

 

0 コメント

お世話になりました^ ^第一事業年度12月1日ー12月31日終了

続きを読む 0 コメント

特定非営利活動法人 PUCCI (プッチ)

続きを読む 0 コメント

【奈良県】自治体の取組みについてご紹介

続きを読む 0 コメント

老人とペット *週刊ポスト 2014年11月21号抜粋

続きを読む 0 コメント

獣医師 箱崎加奈子様

続きを読む 0 コメント

ベルリン&ヨーロッパ便り①

続きを読む 0 コメント

「DOGSHIP」代表 須﨑大様③

続きを読む 0 コメント

「DOGSHIP」代表 須﨑 大様②

左 須崎 大 様
左 須崎 大 様
続きを読む 0 コメント

「DOGSHIP」代表 須﨑 大様 ①

須﨑 大 様
須﨑 大 様
続きを読む 0 コメント

動物愛護週間9月20日(日)ー26日(金)

続きを読む 0 コメント

Hawaiian Humane Society『ハワイアン・ヒューマン・ソサイエティー②』

続きを読む 0 コメント

Hawaiian Humane Society 『ハワイアン・ヒューマン・ソサイエティー』①

続きを読む 0 コメント

『こどもペット塾 』著者 勝俣和悦様

勝俣和悦様
勝俣和悦様
続きを読む 0 コメント

カヤ成犬譲渡の会インタビューNO.3【課題と日本の現状について】

続きを読む 0 コメント

カヤ成犬譲渡の会インタビューNo.2【プロが関わる保護活動】

続きを読む 0 コメント

カヤ成犬譲渡の会インタビュー No.1【愛護センターからの引出とは】

続きを読む 0 コメント