代表理事 平澤好宏
日本大学 理工学部卒
1942年東京生まれ、東京在住。

会社経営を行う。幼い頃からシェパードなど大型犬と暮らすが

ほとんどが外飼いだった為フェラリアで死んでしまった

悲しい思い出がある。

正しい飼い方や犬との暮らしを通して犬も人間も生き心地の

よい社会づくりの一助となればと考えております。

ご支援ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。

副代表理事 大西美幸 

白百合学園大学 文学部卒 

1974年東京生まれ、東京在住。プロパティーマネージメントや収益不動産の経営戦略の会社経営を行う。生まれた時から猫1匹、スコッチテリア1匹が家におり、10年間うさぎとも暮らす。

「何か新しいことをスタートする基盤作りをしたい」との気持ちで、今回のNPO法人立上げのメンバーとして運営マネジメントをサポート。 一昨年、16年家族の一員であったロングヘアーチワワ2匹を自宅で看取り、ペットの最期の迎え方に対して、家族の責任の重さを痛感した。「自分の気持ち」がPUCCIの活動の礎になればと思い活動に参加。

理事 アンドレーウィッチ 優花
早稲田大学 法学部卒
日本と海外所在の外資系企業で米国弁護士として数年間勤務した後、現在はドイツのベルリン在住。
7歳の時からシェットランドシープドッグの雑種犬と秋田犬と暮らしていた。
シェットランドシープドッグの雑種犬は18歳まで、秋田犬は14歳まで元気に過ごし最後は家で看取った。日本における動物を取り巻く環境がより良くなればとの思いで、ドイツでの状況なども参考にしながら、まずは小さいことからでも何か力になれることがあればと考えて活動に参加。

 

上智大学 法学部
専修大学法科大学院法務専攻
1977年 東京台東区生まれ。
日経、外資の証券会社を経て、現在は会社生命保険会社勤務。
幼少期より獣医師を目指していた姉の影響を受け、実家では捨て猫や獣医大学内で産まれてしまった犬と一緒に成長してきました。
不幸になる子達が、少しでも減ることを願いこの活動に参加。

監事 安達 美幸       NPO事務局勤務を経て、現在は主婦業を行う

事務局 平澤里果 

上智大学 文学部卒 

東京生まれ 幼少の頃から犬が好きで10歳の時念願の犬との暮らしをスタートする。その際青山ケンネルさんからパピーオーダーシステムでゴールデンレトリーバーを迎える。この経験が人生に大きな影響を与える。その後成人してから保護犬プッチと出会い本格的に殺処分の問題に取り組み始め、ゴールデンレトリバーのりりー、雑種あいと4頭の犬と暮らし、見取る。

2014年代表理事としてプッチを立ち上げ現在は事務局運営を行う。